インプラント治療におけるメリット

インプラントとは、虫歯や歯周病などの歯を失う病気や、怪我などの外傷によって失われてしまった歯を人工的に補うための治療方法です。外科手術で歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、それを土台として、上部に人工の歯を装着します。歯を失った時の治療方法として、従来は入れ歯やブリッジなどが主な選択肢でしたが、インプラントはこれらの治療方法と違って周囲の歯に負担をかけず、まだ残っている自分の歯の寿命を延ばすことができるというメリットがあります。また、骨とインプラントは天然の歯根のように固着するので、入れ歯やブリッジとは違って装着した歯自体が顎の骨にしっかりと固定することができます。

そのため天然の歯に近い噛む力と耐久性が保て、硬い食べ物も問題なく食べることができます。
さらに審美性も良い点もインプラントの利点で、歯が無くなってしまうと顎の骨が痩せてしまい容貌に影響を与えますが、それも防いでくれます。
歯の外観も天然の歯とほとんど見分けがつかないので、前歯など人目に触れる部位には特に適しています。

インプラントにはメリットだけではなくデメリットも存在し、特に費用面に関しては1本の相場が30万から50万と高額です。
入れ歯やブリッジと違い、保険が適用されないため費用が自費になるからです。

今、話題の便利な朝日新聞デジタルに関してはこちらのサイトをご覧ください。

また、治療が終わるまでにある程度の期間も必要になります。

マイクロスコープの歯科情報に精通したサイトです。

しかし口の中を清潔に保ち、定期的に歯科クリニックでメンテナンスを行っていれば、半永久的に機能します。



top